消防設備点検実績

 

用途

 

地域 値段 設備

 

飲食店

 

船橋市 10,000円 消火器
誘導標識

 

工場

 

市川市 60,000円 消火器
火災報知器
非常警報器

 

駐車場

 

市川市 30,000円 消火器
粉末消火設備

 

アパート

 

松戸市 10,000円 消火器
漏電火災警報器

 

屋内運動場

 

柏市 100,000円 消火器
屋内消火栓設備
誘導灯
自動火災報知器
防排煙設備

いかなる物件も年に2回消防点検結果

報告書を消防署へ報告しなければなりません

点検の未実施、前回の点検から一定期間の報告がされていない場合

消防署から立入検査が入り不備がある場合改善報告書の提出が求められます

防火対象物点検

防火対象物点検について

※点検項目

・防火管理者を選任しているか
・消火・通報・避難訓練を実施しているか
・避難の障害となる物を置かないなど避難施設等が適切に管理されているか。
・防炎物品に防炎性能を有する旨の表示が付けられているか
・消防法令の基準による設備等が設置・維持されているか
 

 

対象の建物

①収容人員が30人以上の建物で以下に該当する建物
・特定用途部分が地階又は3階以上に存するもの
・階段が1つのもの (屋外階段等であれば免除されます)
②収容人数300人以上の1項~4項、5項イ、6項、9項イ、16項イ及び16の2項

避難訓練

物件の管理者、マンション組合、自治会の皆さまへ

うた防災株式会社では消防設備の使い方のご指導や避難訓練の使い方のご指導も行っております。

防災用品はいざという時にに使えないと意味がありません。下記の写真のように避難器具の使い方の指導なども行っております。

放送設備を使った一般的な避難訓練もお任せください実は有事の際以外にも業務用放送としてもご利用いただけます。せっかくある設備を有効に使えるようにご提案するのもうた防災株式会社のサービスのひとつです。

防火設備定期検査

設計事務所様、ビルオーナー様のご依頼が多いのが防火設備検査です

主にシャッターや防火戸の検査結果を一年に一回報告する必要があります

一見、問題なさそうに見える上記のシャッターですが、既存不適格のものになります。昔の建築法では合格だったが、シャッターに挟まれる事故などがあり、現在ではモノに当たったら止まる措置がされていないと不適となります。防火設備定期検査のご依頼も承っております。

工事・修繕

うた防災では工事、修繕のご依頼も承ります。

消防設備の工事・修繕は高額なものが比較的多く、修繕費用が回しきれないというお声もよく耳にします。

うた防災ではそういった現状に対して優先順位やリスクのご説明を交えご調整も行います。

お客様の実情を理解し、お客様目線で安全な物件を共に作り上げて行くのが最大の強みです。

国家資格を有するプロによる消防設備点検、工事
  • ・消防設備士乙種〈国家資格〉
  • ・消防設備士甲種〈国家資格〉 
  • ・消防設備点検資格者1種2種
  • ・防火対象物点検資格者
  • ・防火設備検査員