習志野市で消防設備点検・消防修繕

2019/06/19 ブログ

「習志野市で消防設備点検・消防修繕」

 

みなさん、こんにちは!

うた防災株式会社、消防設備士の高根沢です。

HPやブログの効果があってか、最近はよく新規のお客様からのお問い合わせをいただいています。私自身生まれ育った地域からお仕事をいただけるのは大変嬉しく思います。

 船橋や習志野という地元感漂うエリアというのは個人的にも気合が入りますね!

今回は煙感知器の修繕と消防点検を習志野市の物件で行いましたので、軽くご紹介できればと思います。

 

 

 

【目次】

 

1.煙感知器修繕のお値段とは!?

2.交換の背景(理由)

3.修繕の様子

4.消防検査、消防設備点検

 

 

1.煙感知器修繕のお値段とは!?

 

お値段は1台約28,000円で修繕をです。

今回は2台のご依頼だったので約42.000円で承りました。

煙感知器は熱感知器に比べると何倍も仕入が高額です。こんなに小さな修繕なのにすごく高いですよね。

これが交換用の煙感知器(部品)です。

 

 

2.交換の背景(理由)

 

修繕依頼をいただいた理由は煙感知器が自然に発報してしまった事が原因でした。年数を見てみると1992年製の感知器でした。中には80年代の感知器を未だに使っている施設もありますが、個体差があるのは確かです。90年代の感知器はよく勝手に発報してしまったと相談を受ける事があります。

一度でも発報告してしまった感知器はもう使い物にはなりませんので、すぐに取り換え工事を行う必要があります。

 

 

3.修繕の様子

 

 

煙感知器はネジで固定されているので、ドライバーで外します。感知器のベースも新しいものに変えて設置します。実は感知器だけなら右にひねるだけで取り外せるのですよ!もし誤報などで感知器が発報していたら業者の方が来るまでは外してしまったほうが良いです。

 

3.消防検査、消防設備点検

取付が完了したら最後は煙感知器を試験器で発報させて検査を行います。

施工後の消防点検も終了!

確認灯が赤く光っていればばっちりです!

新品の感知器はとても綺麗で気分も良いですね。

 

 

≪おまけ♪≫

 

 習志野市で仕事が終わり、帰りはフラッと津田沼駅を立ち寄りました。総武線で都内へのアクセスが最高に良く、習志野市では最近、大型マンションの新設やアパート等の改装している様子をよく見かけます。友人に聞いたら津田沼駅の付近でマンションの一室を購入すると3,000万~5,000万するとかしないとか。ちょっと憧れちゃいますよね。

 

 津田沼駅の脇からパシャっと一枚撮影。都会っぽさもなく、程よく栄えている津田沼駅が私は昔から好きです。右側には大きなマンションの工事が行われていて津田沼駅周辺の都市開発が進んでいますね。近い将来、津田沼駅の周りの大型マンションも弊社で消防設備点検したいです。夕日を見ながら『この景色を守りたい』と思いつつ仕事を締めて本日は帰宅しました。

 

 

 

うた防災株式会社のサービス

 

うた防災株式会社では「人と建物の安全を皆様と作り、守りたい」を企業理念にお客様と一緒に消防設備を通じて安心できる千葉県の設備管理会社です。

既存業者には今更聞けない・・・

防災点検のコストカットをしたい・・・

そもそも何がわからないのかもわからない等々

お悩みがございましたら是非弊社までお問い合わせください。

下記の内容であれば間違いなくお悩みは解決できます。

 

【サービス】

消防設備点検

消防設備工事・施工

消火器・消火栓ホース・誘導灯

自動火災報知器・発信機・ベル

防火戸・防火シャッター・防火設備検査

見積・現場調査・相場

その他消防設備に関する事

 

【エリア】

千葉県内、船橋市、鎌ヶ谷市、習志野市、白井市、印西市、四街道市、佐倉市、柏市、松戸市、流山市、野田市、市川市、浦安市、我孫子市、八街市、千葉市、その他周辺地域

 

【物件】

飲食店、アミューズメント施設、スポーツ施設、店舗、デパート、複合商業施設、ホテル、アパート、マンション、病院、診療所(整骨院/歯科医院)、介護施設、老人ホーム、デイサービス、障碍者施設、保育園、幼稚園、学校、美術館、図書館、銭湯、工場、倉庫、雑居ビル等

 

【お問い合わせをいただくお客様】

不動産会社

ビル管理会社・ビルメンテナンス会社

店舗や福祉施設のオーナー、管理者様

アパート・マンションを管理されているオーナー様、管理組合様

設計事務所(防火設備定期検査の協力会社のご依頼等)

 

うた防災株式会社ホームページ

https://utabousai.co.jp/