消火器はどこが一番安い?防災屋が教える各社比較!

2019/05/13 ブログ

「消火器はどこが一番安い?防災屋が教える各社比較!」

 

みなさん、こんにちは!

うた防災株式会社、消防設備士の高根沢です。

消防署に行ったりすると「住宅用火災警報器の設置が義務になりました。」「家庭に1本消火器の常備を!」といった案内を最近よく目にしますよね。それをキッカケにご購入を検討されている皆様に今回は消火器の相場や購入先でのサービスの違いなどお話していきたいと思います。

 

【目次】

消火器の値段・サービスの違い

1.ホームセンター

2.防災屋

3.ネット

業務用の消火器(3㎏)の相場を記載しています。

家庭用消火器も業務用消火器と同じくらいのお値段になります。

 

 

参考までに下の写真の消火器の相場をご紹介します。

メーカーによって外形が異なりますが貯蔵量(3㎏)で比べていただければ、中身が粉末でも液体でも同じ性能なので、あまり気にすることはありません。

 

 

1.ホームセンター

業務用消火器3㎏でだいたい4,000円~5,000円で購入可能でしょう。

ホームセンターによっては購入本数につき古い消火器を1本引き取ってくれるところが多いみたいです。

【強み】1~2本単位であればホームセンター購入が最安値。

【弱み】在庫の数には限りがあるので大量購入は適さない。

 

 

 

2.防災屋

つづいて防災屋、うた防災のような会社が販売する消火器の場合です。

弊社では古い消火器の廃棄込で1本7,000円~8,000円でやっています。(弊社は本数によって割引を柔軟に対応します。)他の防災屋では7,000円~10,000円くらいが相場になっているでしょう。

また廃棄だけをお願いすると廃棄手数料で1,500円~2,000円で自宅まで回収しに来てくれます。

【強み】自宅まで届けてくれる

    値引きなど柔軟に対応してくれる

    大量発注可能

    古い消火器の廃棄込の値段で販売してくれる

【弱み】1~2本の購入だとホームセンターよりは高い。

    在庫を持たない企業もあるので納品まで3~4日程かかる。

 

 

 

 

3.ネット

いまネットショップは全てにおいて主流ですよね。消火器も同様です。

【強み】他社との見積もり合わせが容易。

    時期によっては一番安い。

【弱み】説明が受けられない。(大きさ種類など自己判断)

    1000円ほど送料が掛かる。

廃棄する消火器は引き取ってもらえない。

 

消火器の品質は、どこのルートから仕入れても同じです。値段だけ見れば、安いところから仕入れればお得です。あとは防災屋やホームセンターの付加価値を比べて買うところを決めるのが一番良いと思います。

 ちなみに宣伝になりますが、うた防災でご購入いただければ、ご自宅までお届けし古い消火器もそこで引き取ります。使い方の説明やその他ご要望があればお気軽に相談ください。

 

 

 

うた防災株式会社のサービス

 

うた防災株式会社では「人と建物の安全を皆様と作り、守りたい」を企業理念にお客様と一緒に消防設備を通じて安心できる千葉県の設備管理を行う会社です。

既存業者には今更聞けない・・・

防災点検のコストカットをしたい・・・

そもそも何がわからないのかもわからない等々

お悩みがございましたら是非弊社までお問い合わせください。

下記の内容であれば間違いなくお悩みは解決できます。

 

【サービス】

消防設備点検

消防設備工事・施工

消火器・消火栓ホース・誘導灯

自動火災報知器・発信機・ベル

防火戸・防火シャッター・防火設備検査

見積・現場調査・相場

その他消防設備に関する事

 

【エリア】

千葉県内、船橋市、鎌ヶ谷市、習志野市、白井市、千葉市周辺地域

 

【お問い合わせをいただくお客様】

不動産会社

ビル管理会社・ビルメンテナンス会社

店舗や福祉施設のオーナー、管理者様

アパートを管理されているオーナー様

設計事務所(協力会社のご依頼等)

 

うた防災株式会社ホームページ

https://utabousai.co.jp/